占い

宮崎謙介様

四柱推命 命式

宮崎謙介さん
1981年1月17日

月支元命 偏官

  • 勇気があり冷静な対応で大胆さを持つ
  • 好き嫌いが強く、表面に出しやすいので反発されやすい
  • 多少ひねくれていて酒や異性を好みやすい
  • 親分肌でいざという時に頼りがいになることも

日柱十二運 養

  • 慎重な姿勢を持ち、人一倍不安を感じやすく、安心感を求める
  • 愛情を込めたプレゼントをするのが好き
  • 無視されることがイヤで孤独感を味わうのが苦手
  • 初めての人や新しい環境に入るのが苦手で社会的に認められたものを信用する

月柱十二運 衰

  • 危険な挑戦をすることなく、守りや防御能力の才能を持つ
  • 技術・資格・独特の才能をある人を好む
  • 初めて会う人には用心深くなりすぐには打ち解けない
  • 積極性に欠けたり未来を考えたり予想するのが苦手でチャンスを逃しやすい

吉凶星 劫殺

  • 吉星又は凶星を強める働きがある
  • 事故や遭難など外からの災厄にあう

宮崎さんの命式をみると、

  • 人の指示に従って動くとお金が入ってくる
  • 配偶者と対立しやすい
  • 技術・資格を持つと良い

略歴

2006年、加藤鮎子(当時は加藤紘一秘書・後に衆議院議員)と結婚し2009年離婚。

2011年、自由民主党京都府第三選挙区支部長に選任。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で、自民党から立候補し初当選。

2014年、第47回衆議院議員総選挙で2回目の当選。

2015年5月、金子恵美(当時衆議院議員)と再婚を発表。同年末には育児休業を取得する意向を示し、注目を集めたが、2016年2月に妻の出産入院中に不倫をしていたことが週刊文春に報じられ、2月16日午後の衆議院本会議にて衆議院議員を辞職。同日付で自民党を離党。

2016年4月、経営コンサルティング会社「8infinity」を立ち上げ自ら社長に就任。

2020年11月、「文春オンライン」で報じられた30代女性との不倫。

大運

37ー46歳の大運

  • 何かを手放したり、別れなどが起りやすい
  • 目上とのトラブルや病気・ケガに注意が必要

この大運では、自分の居場所を失ったり、ストレスの溜まる時です。妻に攻撃する運勢でもあるので、ケンカ・対立が多くなったり、妻を失いやすい時でもあります。目標が定まらなかったり、はっきりしない時でもあります。

2020年は裏目に出る年、運勢の味方が非常に弱い年、離婚もあり得る年です。6月くらいからやり取りがあったそうですが、女性との出会いのある年なので、運勢通りと言えるでしょう。

2021年・2022年も離婚の可能性があります。

こんな感じでしょうか。

これからもたくさんの幸せが訪れますように。