占いを活用し、素敵な日々を
宿命を知り、運勢に逆らわず進むことで、生き生きとした人生を送ることが可能でしょう。
占い

八代亜紀様

四柱推命 命式

八代亜紀さん
1950年8月29日

月支元命 偏財

  • よく動き好奇心も強く何事にも関心を持ち遊び好き
  • 交際範囲は広く世話好きで義理と人情に厚い
  • 臨機応変に対応でき、器用で商売センスがある
  • 落ち着かず慌ただしい面がある

日柱・月柱十二運 病

  • 駆け引きや商売が上手く、また芸術的な才能にも恵まれ金儲けは上手い
  • 潔癖症で感受性鋭くデリケートなので怪しい人には人一倍敏感
  • 社会の裏を知ると、世間を信用しなくなり用心する
  • 神経質で心配性でストレスを溜めやすく不潔なものは苦手

吉凶星 文昌貴神

  • 文章の才能があり自己表現ができる
  • 学問的知識が深い

吉凶星 駅馬

  • 活動的で快活、アクティブ
  • 出世や昇進、喜びごとの起こる暗示もある

吉凶星 血刃

  • 病気や事故、ケガや手術などで血を見る事がある

吉凶星 暗禄

  • 見えないところに救いの神があり、困難に陥っても助かる
  • 先祖の守りや晩年の財運に期待できる
  • 体を思うように動かし、要領よくいろいろな物事を処理できる

八代さんの命式をみると、

  • 裏表がない
  • 大きなお金と縁がある
  • 発酵食品や魚介類を食べると良い

略歴

15歳で父親の反対を押し切り上京。

1971年、「愛は死んでも」でデビュー。

1973年、「なみだ恋」が120万枚と大ヒット。

1980年、「雨の慕情」で日本レコード大賞を受賞。

1981年より女子刑務所の慰問公演を続ける。

1982年、センチュリーレコードへ移籍。

1986年、日本コロムビアへ移籍。

1987年、個人事務所設立。

1994年、元歌手でマネージャーだった男性と結婚。

2005年、朝日放送『トリハダ 〜感じるボロ〜ン〜』で、バラエティ番組のレギュラー司会を初めて担当。

2021年1月、離婚。

大運

68ー77歳の大運

  • 評価を得やすく達成しやすい
  • 途中があまり良くなくても最後にはいい結果を得やすい

この大運では、強引に物事を進めていくことによって、自分の居場所を確保できる時、終わり良ければ全てよしの時、周りから認めれる存在になる時でしょう。優柔不断になりやすいけど、迷わず進んでいきましょう。

2020年は離婚の起こりやすい年なので、2021年1月(2021年2月2日まで2020年の運勢です)の離婚は運勢通りと言えるでしょう。

2021年は学ぶことによい年、積極的に人前に出るとよい年、気持ち的に決断や結論が出る年でしょう。

2022年は”天戦地冲”の年なので、人間関係が変わったり、断捨離するとよい年でしょう。

こんな感じでしょうか。

これからもたくさんの幸せが訪れますように。