占いを活用し、素敵な日々を
宿命を知り、運勢に逆らわず進むことで、生き生きとした人生を送ることが可能でしょう。
占い

藤井聡太様

四柱推命 命式

藤井聡太さん
2002年7月19日2時21分

月支元命 正官

  • 礼儀正しく自分を大切にする気持ちを持つがプライドは高い
  • リーダーシップがあり、決まりや約束事を守り悪いことは許さない
  • 他人に厳しく金銭にケチな面がある
  • 不正やプライドを傷つけられると激しく怒りやすい

日柱十二運 胎

  • イメージ力があり現在の事よりも未来を考えるのが好き
  • 他人に干渉しないし、自分も干渉されることを嫌がる
  • 環境に左右されやすく即決することは苦手
  • 考える時間や休む時間を取って頭の整理をする

月柱十二運 衰

  • 危険な挑戦をすることなく、守りや防御能力の才能を持つ
  • 技術・資格・独特の才能をある人を好む
  • 初めて会う人には用心深くなりすぐには打ち解けない
  • 積極性に欠けたり未来を考えたり予想するのが苦手でチャンスを逃しやすい

吉凶星 天乙貴神

  • 凶星を吉星に変えて援助をもたらす
  • オリジナリティの才能があり、学問知識や技芸を助けてくれる

吉凶星 因獄

  • 束縛や孤独、閉じこもりやすい

藤井さんの命式をみると、

  • 単独・少人数でできる仕事が合う
  • 計画通りに進まないと不安になる
  • お金との縁がある

略歴

2007年の夏、母方の祖父母から将棋を教わる。12月、将棋教室に入会。

2012年9月に小学校4年生で新進棋士奨励会に入会。

2014年、史上最年少で奨励会初段、奨励会二段に昇段。

2015年10月18日、史上最年少(13歳2か月)で奨励会三段に昇段。

2016年、14歳2か月での四段昇段、プロ入りを決め、最年少棋士記録を62年ぶりに更新。

2016年12月24日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦、加藤一二三との対局が、プロデビュー戦、110手で破った藤井は、公式戦勝利の史上最年少記録を更新。

2017年、プロデビューからの連勝記録を更新(11連勝)。デビューから無敗のまま歴代最多連勝記録を更新(29連勝)。11月21日、中学生棋士の中での通算50勝の最年少記録を更新(15歳4か月)。

2018年2月1日、五段に昇段。中学生での五段昇段は藤井が史上初。2月17日、六段に昇段。

2018年5月18日、七段に昇段、七段昇段の最年少記録を更新(15歳9か月)。7月31日、通算100局の最年少記録を更新(16歳0か月)。藤井のこの時点での勝敗数(85勝15敗)と勝率(0.850)は、歴代1位タイ記録。12月12日、永世称号獲得者・中学生棋士の中での通算100勝の最年少記録を、最速・最高勝率で更新(16歳4か月)。

2020年、史上最年少(18歳4カ月1日)で通算200勝(240戦目)を達成。

2021年1月末、在学していた名古屋大学教育学部附属高等学校を自主退学。

大運

17ー26歳の大運

  • 運命作用があり変化しやすく意思をはっきりする時
  • 始まりや終わりが起りやすい

この大運では、人生の中でも非常に濃い大運で、後ろを振り返らずドンドンチャレンジする時です。非常に勤勉になれる時ではありますが、少々口うるさくなりやすいでしょう。

2021年1月末に高校を退学されましたが、運勢は2020年度、運勢的に言えば辞める時ではないと思います。しかし、スキルアップに期待できるときなので、ドンドン強くなる時ではあります。運勢的には高校に行かない、又は高校2年で退学してよかったかもしれません。

2021年もスキルアップに期待できる年、好きなことに夢中になれる年なので、将棋中心の生活になりそうですね。食が豊かになる時なので、運動を心がけましょう。

こんな感じでしょうか。

これからもたくさんの幸せが訪れますように。