占いを活用し、素敵な日々を
宿命を知り、運勢に逆らわず進むことで、生き生きとした人生を送ることが可能でしょう。
占い

田中裕二様

四柱推命 命式

田中裕二さん
1965年1月10日

月支元命 印綬

  • 純粋で傷つきやすい神経で想像力に優れている
  • 感性が強く、時代の流行りに敏感で人気もある
  • 優しい気持ちを持つが次第にわがままが出やすい
  • ストレスが溜まると酒や薬、異性に溺れることもある

日柱十二運 沐浴

  • 攻撃性を持ち、売られたケンカは買う
  • 行動力があり飲み込みも早く、記憶力・推理能力もある
  • 夢は叶えるものと考え、これと思ったらそれを実現するために全力を尽くす
  • 理屈の合わない話や関心のない話も苦手

月柱十二運 冠帯

  • 時代や世間の動きに敏感で流行りものを好む
  • 向上心がありプライドが高く傷つきやすい
  • 地味で裏方の仕事や汗をかいて働くのが合わない
  • 外に向かう時は周囲を気にして良い顔になり、家にいる時はあまり気を使わない

吉凶星 天乙貴神

  • 凶星を吉星に変えて援助をもたらす
  • オリジナリティの才能があり、学問知識や技芸を助けてくれる

田中さんの命式をみると、

  • 人生の早い段階で運勢が開けていく
  • 高い地位に上り詰めることが可能
  • 人前に出る仕事や人に教える仕事で伸びていく

略歴

日本大学芸術学部演劇学科に入学し太田と出会う。

1988年3月に、太田と漫才コンビ「爆笑問題」を結成。コンビではリーダーで太田が決めた。

2000年、田中が所属事務所が入居しているビルの1階の花屋に勤務する9歳年下の女性の自宅を訪れ、両親にあいさつしたと太田がバラし、メディアが一斉に扱い、3月24日にその女性と結婚。

2000年9月12日、精巣腫瘍のため都内の病院に入院。10月9日に左側の睾丸摘出手術を受ける。これ以降、太田からは執拗に「片玉」と弄られており、漫才にもお約束的に片玉ネタが加えられている。術後から5年かけて完治。

2009年10月2日、自らの離婚を発表した。その後、前妻が臨月に入っていることが報じられた。前妻と田中の間で田中の実子ではないことは合意していたが、離婚成立後300日以内に出産することになるため民法の規定により田中が戸籍上の父親になり、後に家庭裁判所で父子関係を解消する手続きをとった。

2012年11月13日、伝染性単核球症による肝機能障害で体調を崩し緊急入院。12月18日に扁桃腺切除の手術をした。

2015年10月4日、タレントの山口もえと再婚。

2017年1月8日、妻・山口もえの妊娠を発表。5月25日、山口が女児出産を報告。

2021年1月20日午前2時ごろ、自宅で頭痛を訴え病院に緊急搬送され、前大脳動脈解離によるクモ膜下出血・脳梗塞と診断。

大運

50ー59歳の大運

  • 評価もあり人気も出る
  • 今までのことを終わらせて次の準備に入る時

この大運では、人前に出ることが多くなったり、周りから認められる存在となる時です。気持ち的にせっかちになったり余計な事まで言ってしまうかもしれません。

2020年は病院との縁が強まる年、出費が多くなる年、体にダメージのある年、血液関係の病気に注意が必要な年なので、脳梗塞も起こりやすい年と言えるでしょう。なので生活習慣を見直しておけば防げたかもしれません。

2021年は変化・改革の年、新しいことをスタートする年、健康診断もしっかり受けた方が良いでしょう。スタートの年なので、病気がスタートすることも考えられます。

こんな感じでしょうか。

これからもたくさんの幸せが訪れますように。